入コン沢 (入りコン沢) とは 5回目

前回、入川沢 = 入コン沢(入りコン沢)と言う名称の由来がわかりました。
分かったところで今後 私個人が入川沢と唱える訳でもなく、私が提唱したところで何の影響力があろうはずもございません。
あくまでも私の取材は自己満足です。
GPSマップや一般的な名称は「入コン沢」「入りコン沢」「入コン」で通っていますので、もちろん私も同じ呼び方をします。

入りコン沢ヒスイ等の紹介で個人ブログや商品案内で「入コン沢は私有地で立ち入り禁止」という記事をよく見かけます。
入コン沢ヒスイの希少性をアピールする販売促進の為の受け売り文句だと思いまが、正確には入コン沢全体が私有地ではございません。
入りコン沢の渓流で露出した青ヒスイは、ほぼ表面枯渇し、希少であることに変わりはございませんが、個人趣味範囲の鉱石採取散策が出来るポイントもあります。
ただし、入コン沢の上流方面に降りる際、足場の良い降口は私有地に立ち入らなければなりません。
入コン沢への立ち入り禁止 ではなく ⇒ 入コン沢へ向かう私有地への立ち入り禁止  という表現が正しいです。
私有地への無断駐車、ゴミの投げ捨て、騒音被害が頻発し、マナーやモラルのない鉱石ハンター達を地主様が立ち入り禁止するのは当たり前の事です。

入コン沢 (入川沢 渓流)
1970年 一級河川に編入 以降、 正式名称 入こん川 
全長2500m  流域面積5200

散策情報
下流より渓流を歩く場合も人工物による段差、障害物などで上りきれない箇所有。
回り道する際、私有地に立ち入ることになるため、地主様の許可が必ず必要。
車乗り入れの場合、私有農作地が多い為、農道への駐車も禁止。道幅が狭い為、路上駐車も禁止。
広い敷地スペースを持つ地主様との交渉や許可を必ず取る事。
今の時期はツキノワ熊、イノシシ、猿、蛇、虫 との遭遇にも備え、軽装はおすすめ出来ません。
熊よけの鈴と最低限の渓流を歩く装備推奨。

コメント
コメントする








   

最新記事

カテゴリー

links

archives

recent comment

profile

サイト内 サーチ

others