入コン沢で曹長岩

6月ですが糸魚川の日中は暑い日が続いています。
入コン沢は少しは避暑地になると思いきや、気温は高く散策するとすぐに汗が吹き出します。
入コン沢の山間を歩いていると、少しだけ顔を出し泥をかぶっている岩石がありました。
手で掘り起こせそうなので岩石をめくるように掘り起こしてみました。
見るからに硬度がありそうな岩石で青味を帯びている岩肌にドキッとしました。

ヒスイ原石を思わせる個体でしたが、すぐに正体がわかりました。
曹長岩です。
それにしても青く見える部分もあり、入コン沢の鉱石はなぜか特別な雰囲気があります。

糸魚川産のヒスイと曹長石や蛇紋岩、角閃石類は同じ個体に変成していることは珍しくありません。
この曹長岩もヒスイと酷似した結晶が確認できるため、少しのヒスイ輝石が含有していると思います。

コメント
コメントする








   

最新記事

カテゴリー

links

archives

recent comment

profile

サイト内 サーチ

others