金華石

一部が錆びたような石である。

姫川流域で拾える変成岩であり、正式な鉱物名も持たない。
硫化瑪瑙だと思うが、泥岩質に黄鉄鉱、瑪瑙などが変成し糸魚川では「金華石」と呼ばれている。
姫川を歩くと錆びたような石は良く目にするが、拾えるようでなかなか拾えないレア石である。
錆び+パイライト+瑪瑙 のボディを見分けることが採取のポイント。

よく見るとパイライトがしっかりと確認できる。

スライスし、瑪瑙が存在を主張する。

味わいではあるものの、瑪瑙周りの酸化が惜しい。
製作素材として、酸化していない部分を切り出す。

見た目は酸化して地味だった鉱物も古風で華やかに見えてくる。
なるほど 金華石。


雅 である。

コメント
コメントする








   

最新記事

カテゴリー

links

archives

recent comment

profile

サイト内 サーチ

others