紅の魅力  チャート (chert)

糸魚川の海岸や河川、ではチャートや石灰岩をよく見かける
ct01.jpg
チャートは堆積岩で色は 赤色、緑色、淡緑灰色、淡青灰色、灰色、黒色など、主成分は石英である。
糸魚川は自称 日本一の石ころタウンと言うほど拾える石の種類が多い。
特に変成岩が多くを占めるため、正確には「石」ではなく、拾える石の ほとんどが「岩石」となる。
そっくりな岩石も多くジオパークガイドでも答えに困る岩石が沢山ある。

今回は赤いチャートをピックアップしてみよう。
ct02.jpg

↓の画像は赤いチャートに似ているが、火成岩である。
ct03.jpg

↓の画像は凝灰岩にチャートが堆積した個体
ct04.jpg

新潟県の赤い鉱物で良く知られているのは、佐渡の赤玉がある↓
ct05.jpg
糸魚川のチャートによく似ているが、佐渡の赤玉は 玉髄の部類に入るらしい。
部類としては 玉髄(カルセドニー)か 碧玉(ジャスパー)なのか内包により様々だろう。
↓こちらは赤碧玉(レッドジャスパー)の丸玉
ct08.jpg
この辺の部類分けの線引きは不可解で、勉強不足の筆者は迷走している。

糸魚川では稀に見応えのある美しい紅チャートと出会える。
ct06.jpg
瑪瑙(アゲート)が侵入し、まるで霜降りサーロインのブロックの様にも見える
晶洞も確認できる
ct07.jpg
透過度の高い部位は紅玉髄(カーネリアン)に例えてもおかしくはない。
この様な糸魚川の紅い石は何処に分類されるのだろう。
どちらにせよ、美しいものは美しく、その趣は和を意識させ、心に響くのである。
ct09.jpg
糸魚川の紅  これも魅惑である

<< | 2/8PAGES | >>

最新記事

カテゴリー

links

archives

recent comment

profile

サイト内 サーチ

others